Environmental Action 環境への取り組み

ゲートシティ大崎では、未来へと受け継いでゆく豊かな環境のために、さまざまなエコロジーへの取組みを行っております。

その他

ゲートシティのエコの取り組みは森づくり、リサイクルに限りません。広い視野から日常の細かな環境への配慮を検証し、社会情勢の変化にいち早く対応する積極的なエコ活動に取り組んでいます。

  • 電気自動車駐車場利用料金を優遇
  • 電気・水素自動車の駐車場利用料金を優遇

    ゲートシティでは、地球環境にやさしいエコカーの利用をサポートしています。電気・水素自動車でご来場し、時間貸し駐車場をご利用いただいた方に、駐車場2時間無料サービス券をお渡ししています。詳しくはホームページまたはインフォメーションカウンターでご確認ください。

  • 二酸化炭素削減対策

    地域冷暖房施設の導入、LED照明の積極的な導入、雨水・再生水をトイレの洗浄水や樹木の維持などへ積極的に活用、ゴミ分別の徹底、緑の豊かな環境づくりなどのあらゆる方面から二酸化炭素削減に取り組んでいます。

  • 二酸化炭素削減対策
  • エコ活動に取り組む企業・団体へのサポート
  • エコ活動に取り組む企業・団体へのサポート

    環境保全活動に積極的な企業や団体をサポートしエコ活動を一緒に推進していくのもゲートシティのエコ活動です。毎年秋に開催される国際映画祭「バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル」ワールドツアーのサポートは環境活動で世界的に知られたアウトドア用品メーカー「パタゴニア」社と協力。また、環境省主催の「容器包装3R推進」全国大会の開催を受け入れるなど、官庁やエコ活動団体への支援も積極的に取り組んでいます。

  • 繰り返し使えるエコ箸の利用

    ゲートシティの職域食堂「おおさき季膳房」(ウエストタワー3F)では繰り返し使用できる「eco(エコ)箸」を導入。年間約40万膳以上の割り箸の無駄をなくしました。

  • 繰り返し使えるエコ箸の利用
  • 木酢液(もくさくえき)による消臭、除草
  • 木酢液(もくさくえき)による消臭、除草

    公園の砂場の殺菌や消臭、また猫や犬等の動物よけに、白樺・ナラ・タモ等の木から作った「木酢液」を使用しています。生垣や花壇の害虫駆除や除草にも化学薬品を使わずに環境に優しい木酢液を使用しています。

  • LED化推進

    ゲートシティでは照明のLED化を進めることで省エネに取り組んでいます。2012年度はサンクンガーデン、エントランス等の外構部のほとんどのLED化を完了予定。今後は、建物内の照明を順次、LED化する予定です。

  • LED化推進
  • 人感センサーの採用
  • 人感センサーの採用

    ゲートシティでは「人感センサー」による電気器具の節電に取り組むことで省エネを推進しています。現在(2012年4月1日)、非常用階段の照明すべてにセンサーを採用しました。順次、施設内男女トイレ照明への採用を計画しています。